M3クエスト帰着報告

遠征から無事きたくりだおらでございます。
それでアレなレポートに入る前に、比較的まじめなご報告を。

27日のM3 2013秋ではスペースにお越しくださったり、またその前後の旅程におつきあいいただき、ありがとうございました。
今回はMFTとしても個人としても新譜がなく、おまけに出発前の荒天で見事なエクストリーム遠征になってあたふたでしたが、Webで交流のある方もそうでない方にも会えましたし「応援してます」って言葉もいただき、ありがたい限りです。
なんか、MFTとして積み重ねた時間でできてるなぁ……としみじみ感慨。

少し早めに切り上げた時間で、HTDチムメンのスペースにお邪魔したりフリースペースで演奏を聴いたりもできました。
(元々音屋つながりのDQXチームなのです。「DTM……?なんのことだ?」とかいってるけど、やるときはやるドラクズさん達なのです!!すでのな)
アレだなー。サークルとしてフリスペは取らないにしても何か楽器持って行きたくなりますね、あそこにいると。
集合住宅の自宅でも弾けて邪魔にならない楽器……なにかあるかな。

そうそう。
ひとつ、個人的にも恐ろしいことを申し上げますと……来年で10年らしいですよ。

+++

今回の遠征は、25日夜出発〜29日夜帰着(30日休養日)で行きたいところを決め、ゆるめに予定を組みました。
リストアップしたのは

  • 甲府ジェムマーケット2013(!)
  • ARTNIA(スクエニ公式カフェ&ショップ)
  • LUSH SPA
  • フジヤカメラ(あかん)
  • ロックブーマーの隠れ家(別記事で詳述)

の5カ所。
なんだかんだで全部回って堪能しましたよ。ARTNIA に至っては2回行きましたw
その辺の詳細もアレレポートで。

+++

宿泊、交通費関連について。

今回は雨によるJRの運休で乗れなかった区間ができました。
(高知〜坂出の特急券と、高知〜東京周辺 往復乗車券のうち、往路の高知〜宇多津 間)
こういうときは出発当日の特急券はもちろん、往復で買った乗車券も乗らなかった部分の払い戻しができます
(乗車券の一部区間については要証明。高知駅の駅員さんにしてもらいました)
ただし、往復乗車券の一部区間払い戻しは窓口対応に時間がかかる(計算が大変そうな)ので、余裕を持って窓口に行きましょう。
ちなみに 未使用特急券・乗車区間の払戻金額 < 代替交通手段(バス+乗り越し乗車券) でしたorz

上京・帰高以外の日程中の移動は、全てSuica払いです。
弾丸ツアーめいて甲府に行くと決めたのは、Suica圏内だったからですね。
細々とした車内での飲み物もSuicaでぴぴっと。が便利で恐ろしいw

宿は、京急EXイン 新馬場駅北口に連泊しました。
3連泊で15,000円というプランに乗ったのと駅出口からまさに目と鼻の先、という立地が決めて。
階段降りたらもうホテル見えてる、というのは楽ですね。徒歩圏内にドトールも7-11もあって、中の人的にも安心でした。
一つ難点があるとすれば、新馬場という駅が各駅停車しか止まらないことかなw
TRCへの移動も、人通りの多い浜松町→モノレールルートではなく、新馬場→京急蒲田→天空橋→モノレールの逆回り?ルートで、余裕で座れる&向かいホームの人の多さに驚きました。

それでは、プレスリポーターにバトンタッチ。