紀行録・にじのあそびばリチェルカーレ

Text
この記事は約5分で読めます。

冬休みの宿題を今頃出す()
三次元的にはハンドメイド&施術&プチ音楽会、形而上的には……?ヒカオケ前日の2019年1月12日に開催された行きつけブログのヒーリングオンリーイベント「にじのあそびば リチェルカーレ」に行ってました。

いろいろあって、いろいろなくて(……)この記事を下書きで寝かしてたら、第2弾が今年のM3の前日開催予定ですw

前口上:あるいはスピリチュアル趣味の開示について

いわゆるオカルトとかスピリチュアルとかにも【興味があります】(首が回らなくならない程度に)なわけで、なんだかんだ長年読んでいるその系統のブログがありまして、そのうちのひとつが「のんびりやさしく」です。
独自に開発されたヒーリングと三次元・形而上が絶妙に混じり合う長編作品の連載が公開されています。

この手の話はオタク全開なサイトや常用webサービスでどこまでしたものか悩むところですが、パーソナルユース(といっていいのかな)にしてるし専用コミュニティ別にあるしなー……。でもアウトプットがご覧の通りのヲタムーブだしなぁw あえて言えばTwitterあたりに「専用垢」作りたいかなーとか思うくらいで。
今回は形而上要素が濃くなるような文脈を折りたたんでおきますので、お好みでどうぞ。

該当のヒーリングエネルギーREF、ワレワレは伝授と「あそびかた」講習を受けてるので「使えます」。上記の通りパーソナルユースですが。
FF14でいえば「クラスクエクリアしたんで幻具持ったら幻術士」レベル……だったのが、今夏「合宿」をいたしまして

学者としてのプレイヤースキルは別売りです

「フェアリーが Siri|Alexa|OK,Google を積んで自動でマクロ組んでめっちゃ仕事してくれる学者」

になりました(言い方)
その「合宿」の話も追々……「合宿」の前提クエとしてこの記事があるのじゃよ状態でして……

上記サイトで出てくる「上の人」や「過去生」については、おおむね「紀行録」というスタンスでおります。FF14で言えば、新生入りたてピカピカの若葉さんから、蒼天、紅蓮駆け抜けて漆黒で零式ドタバタ周回勢まで「みんな“進行度”がちがうんだねー」という感じです。

ワレワレのメインクエがどなたかには受注する必要のないものであったりするし、その逆もしかりだし、どなたかの受注クエがクリアされることでネトゲで言う「パッチがあたる」ことになったりもするしね。

前提クエと当日はこんな感じだった

さて、ヒカオケの開催が発表されたのが本番からほぼ1年前の2018年1月。さよか、ならばKIWIにも新宿にも行きやすいところに宿を取ろう……と錦糸町に拠点を手配したのが同年6月半ば。
そしたら夏頃から「『にじのあそびば リチェルカーレ』2019/1/12にやりますよー」のティザーが出るようになりまして(正式告知は2018年10月)。
……あ、あれ?ヒカオケ前日?これ、いけるんじゃない?と旅程に組み込むことにしました。
そして東京についてみれば、馬喰町は滞在拠点の錦糸町から近かったという。

会場は全面撮影禁止だったので雰囲気を雑に例えると「地方で開催された同人オンリーイベント+ちょっとつるかめざっか風味」。ローカル同人イベの例えを入れたって分かるのか……?って話だけど、規模は小さいながらも一つ一つのブースに個性がきらめくあたりは共通してるかな、って。

三次元的に言うとワイヤーラップのアクセサリやフェルトクラフトのドラゴンたち、虹染めのスカーフやハンカチにイラスト原画があったり、体を調整してもらえたり。形而上のほうは……さっぱりですが、界隈のブログやTLで話題になるあの人とかこの人とか、一連の物語に出てくるアイテムがリアルで見られるのは謎の感慨がありました。この感慨は同人ハンクラのキャラクターイメージアイテムを見るのに近いでしょうかw

会場滞在はざっくり2時間弱でしたが、話に聞くアレそれアイテムの眼福と生フルート&ハープに歌声を乗せた音楽会まで堪能できてほくほくでした。

お迎えアイテムのはなし

各種アイテムについては「千と千尋の神隠し」終盤で千尋がもらう髪飾りとか想像してもらえれば、概ね大丈夫。

石モノを手にする感覚基準は主に単純な視覚(いわゆる「見える」人ではない)と「なんか気になる」ですが、それに加えて皮膚感覚というか脳天から芯が通る感覚をアンテナにしています。
今回は、りゅーらのアトリエさんから脳内BGMがスマブラSPのメニュー画面(「命の灯火」バリエーション)になるのが避けられなかった「宙空の灯火」をお迎えしました。

なんというか労働中あまりびくびくしなくなった……というのが当時実感したものでしょうか。ひどいときは近くでLINEしてるとこ見るのすらびくびく気になったりしてたので。

あと例えるなら自前のフォースフィールドが適度に大きくなったような。シューティングと違って自分のフォースフィールドが小さくなると「あたり判定」はでかくなる(≒些細なことでもダメージに感じる)。以前「そういう意味で『無防備』になりやすいからガード大事よ」という旨のアドバイスをいただいたことがあったチタマ鯖キャラメイク1周目若葉のワレワレとしては、今となって「なるほどこれか~~~」と得心するのでした。

今回は午後からアポイントを入れてたのと(サブクエのティータイム)滞在予算が直前まで不安定だったんで、事前予約がいる施術関係をスルーしちゃったのが若干心残りかな。

その辺はなんらかの形の「次回」で、ってところで……。
今回みたいに「あれよあれよとなんか予定があっちゃう」ってのが今後も出てきそうではあるけどw

コメント